志末与志著『怪獣宇宙MONSTER SPACE』

怪獣monsterのコンテンツを中心に興味の赴くままに色々と綴っていくブログです。

海を渡り実力評価を求めた真鍋氏

※本記事は真鍋淑郎さんの出自を特定あるいは推定するものではありません。誤解のないようにお願いいたします。 先日真鍋淑郎さんがノーベル物理学賞を受賞された。実におめでとうございます。真鍋さんはすでにアメリカ国籍ということだが、出身は愛媛県四国…

腎結石・尿管結石に罹ったこと

腎結石・尿管結石に罹ったので、これまた備忘と後学(?)のため記録しておく。 1日目 深夜に左腰のやや上あたりに痛みを感じ目が覚める。思ったより痛かったので数日前に親不知を抜いた時痛むようならと処方されたロキソニンを飲む。その後一時的に痛みが引…

モデルナ社製新型コロナワクチン接種記録

運よく職域接種にてモデルナ社製新型コロナワクチン(以下、モデルナワクチン)を打てたので、状況経過を備忘的に記録しておく*1。※これは個人の接種記録とその感想なのでワクチンやその副反応総体を規定するものではありません。 1回目 1日目…15時頃ワクチ…

『パワプロクンポケットR』でどうなってんのかなって部分

先日1stプロモーションムービーが公開された『パワプロクンポケットR』。www.youtube.com 「ぶっ球ゲ~!」とか「本格野球も楽しめる!」とか言うセンスは確かにパワポケ。ナレーションで自分から「これ野球ゲームだよな!?」「これは確か野球ゲームだった…

『ウルトラマントリガー』放送直前に寄せて

全然気にしてなかったが、今回でこのブログの記事数も100らしい。だからと言うわけでは全然ないが、たまには本腰入れて昨今のウルトラマンシリーズについて語ってみたい。これまでもちょいちょい語ってはきたが、時々の作品評だったり、ゼロ関連のものの感想…

三好氏居所集成・十河存保(三好義堅)編

『織豊期主要人物居所集成』の三好氏版。Twitterで毎日連載していたが、実休に続きこれまた記事として典拠付でまとめておく。 monsterspace.hateblo.jp織豊期主要人物居所集成〔第2版〕思文閣出版Amazon 十河存保の生年 十河存保の活動経歴(1)~十河氏の当…

パワプロクンポケットの思い出と『パワポケR』への期待

6月16日の朝起きてみたら眠気を覚ます上喜撰…じゃなかったニュースが飛び込んできた。何と『パワプロクンポケットR』の今冬発売が決まったというのだ。 パワポケ復活! ぶっちゃけると、パワポケが今後復活することはないと思っていた。パワポケが輝けたのは…

亀田俊和・杉山一弥編『南北朝武将列伝 北朝編』(戎光祥出版)の感想

戎光祥出版では『室町幕府将軍列伝』、『室町・戦国天皇列伝』と過去に列伝本が2冊上梓されていた(他にもマンガで読むシリーズで信長家臣列伝、徳川家臣列伝もある)。もっとも将軍や天皇であれば、過去にも似たような本はあった(近年では『室町幕府全将軍…

4月30日付新治伊予守(稲葉一鉄)宛三好長逸書状の年次比定について

『戦国遺文 三好氏編』一四〇〇号「三好長逸書状」の年次比定について、近年ちょっとした論の食い違いが見られたので少し考えてみる(というほどのものでもないが)。まずは問題となる文書を以下に引用し、私訳を示しておく。 三好長逸書状(切紙) 保阪潤治…

三好氏居所集成・三好実休編

『織豊期主要人物居所集成』の三好氏版。Twitterで毎日連載していたが、一応記事として典拠付でまとめておく。織豊期主要人物居所集成〔第2版〕思文閣出版Amazon 三好実休の生年 三好実休の活動経歴(1)~阿波細川重臣時代 三好実休の活動経歴(2)~長慶の…

摂津峡公園に三好長慶像が現れた!

三好長慶は近年その権力について再評価が進みそれが定着しつつある戦国武将である。特に長慶は阿波出身ながら五畿内を抑えたこともあって、一般的な戦国武将よりもゆかりの地が多い。すると当然のように三好長慶を地域振興と言うか、自治体行政の中で称揚し…

『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』感想

『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』は間違いなくウルトラマンという作品が展開していく一つのエポックメイキングになったと思います。YouTubeで無料配信の上、100万以上の再生回数を叩きだしており、「配信形式のウルトラマ…

【デジモンリアライズ】ラジエルモン雑論③~CGポリゴン編

ラジエルモンのポリゴンを作ってくれてありがとう企画もいよいよ第3弾!にして最終回である。完結するのに1年以上かかったな…*1 まずはこれまでの記事をおさらいがてら。 monsterspace.hateblo.jp monsterspace.hateblo.jp ここまでは実装ストーリーについて…

「ウルティメイトフォースゼロ~Side Story~」感想(2)

TSUBURAYA GALAXY内連載小説「ウルティメイトフォースゼロ~Side Story~」の感想を(1)に続いて語ります(前回の内容と心構えについては以下リンクから)。monsterspace.hateblo.jp スペシャルステージ ウルトラマンゼロ10周年 ANNIVERSARY THE LIVE 第4話…

池田教正―受け継がれる河内キリシタンの記憶

戦国時代は世界的には大航海時代と重なっている。ヨーロッパ世界の航海技術が著しく進歩して、ヨーロッパ世界から直接的に人物や文化が流入することが可能となった。そのヨーロッパ世界から最も遠かった国の1つが日本であった。しかし、その日本へも1540年代…

中脇聖編著『家司と呼ばれた人々』感想

近年歴史関係の本は充実していっている。背景として研究の深化があることは間違いないが、一昔前だとなかなか出ないようなテーマでの一般書が出版されている。出版不況が叫ばれて久しい中、マイナー気味なテーマでの出版が可能であることは、それだけであり…

三好家から見た「麒麟がくる」

「麒麟がくる」はかなり久々にちゃんと視聴している大河ドラマになっている。こんなにちゃんと観てるのはたぶん「真田丸」以来か…ってめっちゃ最近(4年前)じゃねーか。でもまあそれ以前となるとたぶん「風林火山」あたりまで遡ってしまうのでかなり久しぶ…

明智光秀と松永久秀の関係

大河ドラマ「麒麟がくる」は明智光秀が主人公のドラマだが、松永久秀の存在もそのドラマを彩っていた。何せ、久秀は第1話から登場し、最終回の5話前である第40話まで出演し続けた。もちろん間に出ていない回も多いが、間違いなく松永久秀は主要登場人物であ…

『ウルトラマンZ&ゼロ ボイスドラマ』のウルティメイトフォースゼロ

ウルトラマンシリーズにおけるボイスドラマの取り組みは『ウルトラマンタイガ』から始まった。発想元としては『SSSS.GRIDMAN』のボイスドラマがあり、本編の補完などを有意義に行い好評を得たことにあると思われる。近年はウルトラマンシリーズでも有名・人…

和泉下守護細川家列伝

そう、僕は気付いたんだ。ずっと宿題忘れてた…ではなくて、和泉下守護家の(正確な)系譜がネット上にも手頃な本にも転がっていないことに。ぶっちゃけローカルなネタはこういうことが多い。そもそもとして、少し大きな通史として展開されると書き飛ばされて…

「ウルティメイトフォースゼロ~Side Story~」感想(1)+心構えについて

ウルトラマンゼロ10周年記念生配信トーク番組「ウルトラマンゼロ TALKish」にて、目玉の一つとして発表されたのがTSUBURAYA GALAXY内連載小説「ウルティメイトフォースゼロ~Side Story~」でした。TSUBURAYA GALAXYは円谷作品をより楽しむための有料サイト…

令和2年(2020)の日本プロ野球

今年は新型コロナウィルスCOVID-19のせいでプロ野球にも色々な影響があった。開幕が遅れたり、観客制限があったり、選手にも感染者が出たりクラスターが発生して、「例年通り」というわけにはいかなかった。こんなことを言うのも何だが歴史的に「面白い」シ…

南丹市立文化博物館・秋季特別展示「八木城と内藤氏~戦国争乱の丹波~」

南丹市立文化博物館にて秋季特別展示「八木城と内藤氏~戦国争乱の丹波~」を観に行って参りました。 http://www.be.city.nantan.kyoto.jp/hakubutukan/tenji_kikaku/2020/yagi.pdf 【南丹市立文化博物館秋季展示会のお知らせ】明日(10/24)から「八木城と…

木下昌規『足利義晴と畿内動乱―分裂した将軍家』(中世武士選書・戎光祥出版)の感想

近年の畿内戦国史研究は目覚ましい成果が上げられているが、当然ながら室町幕府研究もその一角を形成している。ではその実像はどうであったのか、という点は最近『戦国期足利将軍研究の最前線』が出たので、これまでの通説を見ながら最新像を手堅く、それで…

柳本元俊は柳本賢治の息子か

柳本賢治という人物をご存知だろうか。戦国武将の中では大して有名というわけではないし、一般知名度は絶望的であろうが、畿内戦国史を少し齧っていればどこかで名前くらいは見たことがあるはずである。柳本賢治は細川高国政権の消長に深く関わっている人物…

【ネタバレ有】『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』感想

※この記事中には映画の内容に関するネタバレを大いに含みます。初視聴の驚きや感動を体感したい方にはおススメしません。 令和2年(2020)8月8日に『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』を観て参りました。本当は3月公開だったのが、新型…

デジタルモンスターXの展開を振り返って

デジタルモンスターXは平成31年(2019)3月に第1弾、令和元年(2019)11月に第2弾、令和2年(2020)3月に第3弾が発送されたデジモンギアである。奇しくも初の元号を跨いで展開した育成ギアということになったが、そこには取り立てて意味はない。意味があるの…

『ウルトラマン公式アーカイブ ゼロVSベリアル10周年記念読本』(実業之日本社)の感想

ウルトラマンゼロと言えば、私にとっては彼がキャラクターとして生を享けた時からずっと付き合いがあるわけで、ある種苦労していた時代を知る者としては、今の押しも押されぬ大人気ヒーローぶりには正直言って面食らうところさえあります。あのゼロがこんな…

柴裕之編著『図説 豊臣秀吉』(戎光祥出版)のススメ

小学生以来歴史とは長い付き合いになる。私の位置としては一介の歴史ファンの域を出ていない。しかし、それなりに最新研究も能動的に摂取していると、どうしても知識としてはディープなものになる。「初心者」ではないわけである。一方、歴史というジャンル…

黒嶋敏『天下人と二人の将軍:信長と足利義輝・義昭』(平凡社)の感想

ここ10年ほど畿内戦国史を彩る風景はだいぶ様変わりしている。信長上洛以前の権力(室町幕府・細川京兆家・六角氏・畠山氏・三好氏)の実態解明が進んだことで織田信長の上洛、あるいは織田政権の成立を画期と見なす時代観は大きく動揺し、再考を迫られてい…