志末与志著『怪獣宇宙MONSTER SPACE』

怪獣monsterのコンテンツを中心に興味の赴くままに色々と綴っていくブログです。

『鎌倉殿の13人』総合感想

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。視聴することになったのは、やはり鎌倉時代という時代の物珍しさがないというと嘘になる。時期が被るものとしては21世紀に入ってからも『義経』や『平清盛』などがあったが、いずれも源頼朝征夷大将軍に任官するまでに主人公は死亡してしまい、「鎌倉幕府はどうやって成立していったのか」はドラマ内部では描かれなかったのだ。もちろん同じ題材としては『草燃える』もあったが、すでに43年前。リアルタイムで観ていた視聴者がもはやどれほどいるのかという古典である。中世史ブームとも言われるこの令和初期、鎌倉幕府の草創を改めてやる意義は揃っていた。かつてと何が変わり、どう面白いドラマを紡げるのか、大いに興味があるところだったのだ。
 実際に歴史研究としても鎌倉時代初期の見え方はだいぶ変わった。源義経は政治的に無能ではないし、後白河院は謀略家ではないし、源頼朝が望んだ官職は征夷大将軍ではなかったし、東国武士は京都との繋がりも深く在地領主的側面ばかりが強調されなくなったし、頼家・実朝の人物像も再評価されているし、後鳥羽院が討幕を目指していたのかどうかも再考が迫られている。こういった側面を取り込むのか取り込まないのか、その延長に出来上がるドラマとは何なのか。
 それでは実際どうだったのか、項目立てて感想をまとめていきたい。

続きを読む

新谷和之著『図説 六角氏と観音寺城 〝巨大山城〟が語る激動の中世史』のススメ

 近年織田信長の先駆者として三好長慶の再評価が進むどころか、かなり一般に定着している趣さえある。実に喜ばしいことだが、畿内戦国史は京都の西だけで成り立っていたわけではない。三好政権の評価が進むほど、三好サイドではない側面もまた重要なものとして浮き上がってくる。その一方の主役が六角氏である。以前よりも六角氏の重要性は指摘されていたが、ここ10年で村井祐樹氏や新谷和之氏が研究書を上梓されたことで、ようやくその像が形作られていった。
 少し話が変わるが、六角氏研究の強みは複数の研究者がほぼ同時に研究を進めていったことにある。両者がそれぞれ基礎的な研究を固めていったのも大事だが、研究者一人一人で何をどう見るかというのは重ならない。六角氏権力をどう評価するかもその評価の側面も違うので、同じことをやっているようでも、共通点と相違点が対照できる。そしてそのことが六角氏像にも深みを与えている。これは例えば三好氏研究だと未だ天野一強状態で、これを批判するのも幕府研究や細川研究といった別の畑になりがちである。六角氏研究は同時期に並行的に進んだことで、アピール分野が偏っていない。そのことで得られるものもまた大きいはずである。
 村井祐樹氏は自身の六角氏天下人論を『六角定頼』によって具現化した。これによって六角氏の畿内戦国史における影響力の大きさはより周知のものとなった。一方で新谷氏の地域権力としての六角氏論は…というところで登場したのが『図説 六角氏と観音寺城』である。

monsterspace.hateblo.jp

続きを読む

令和4年競馬日記

 ウマ娘にドハマりしたことは書いたが、それに伴い史実競馬知識もそれなりに仕入れることになった。自然、競馬に絡んでみたいと思うのに時間はかからなかった。
 とは言え競馬はギャンブルだ。逆説的だが足を踏み入れるからにはいかにのめり込まないかが大事となる。そういうわけでルールを課すことにする。1回の競馬で使えるのは1000円まで、賭けるレースはGⅠか推し馬が出る場合のみ、推し馬への応援以外は人気上位の馬を狙っていく。これなら1年やっても賭ける機会は計20回くらいで、全部外れても損失は2万円前後に収まるはずだ。
 推し馬として選んだのはメイケイエール。最強馬ではないが確実なポテンシャルはある、癖が強い。こういうキャラ立ちしていて頑張れば勝てそうなくらいの実力があるのがちょうど良さを感じる*1

*1:昨年に推し馬募集をしていて、その中でステラヴェローチェも推薦されていたのだが、奴さんいつの間にか消息不明になっているらしい。こっちを推しにしてたらどうなってたんだろう

続きを読む

令和4年(2022)のプロ野球

 コロナ禍でスポーツ興行も否応なく打撃を受け、改変を余儀なくされたものの、もう3年目となるとコロナ禍とそれによる変容も「日常」となっていく感があった。プロ野球もそれでいつの間にか観客は普通に入ってるし延長戦もやってるし、それでもチームからコロナ感染者が出ると大量離脱があるなど、思ったより違った形で新時代が定着していく趣である。

 まさかの日本一ですよみなさん!
 オリックスに関しては序盤に4試合ほど観戦に行っていたのだが、吉田はエンジンかかってなかったし、杉本はホームラン王の姿はどこへやらバットにボールが当たる気配はなかったし、そもそも離脱者も出ていたしで、あまりいいことはなかった。チームも当然借金ありの下位スタート。「流石に2年連続強いと言えるほどではまだないか…」と思わされたところだったので、気付いたら上位争いしていたのは化かされたような気分だった。
 今年の優勝で特筆するポイントはソフトバンクホークスとの優勝争いで、最終戦ホークスが負けてオリックスが勝つ、これしか優勝可能性がない中でホークスが負けオリックスが勝つことで優勝を決めたことだろう。さらにCSでもホークスを撃破して日本シリーズへ進出した。これでようやく2014年の悪夢から真の意味で解放された…そんな感慨があった。「あの時1つでも勝てていれば」、今年の連覇、そして日本一でやっと2014年に優勝できなかったことが浄化されたのだ。ありがとう…本当にありがとう…

 そんな無茶苦茶弱い気はしないのだが、最終的に5位。なんというか往年の5位力が復活しているような。今年は野手はそれなりにやってくれたと思うが、投手の軸が不安定だった。特にエースのはずの大瀬良は夏場にかけてガス欠して成績を落とすのが例年だったが、今年は総じてダメだった。本来は大瀬良がエースの役割を引き受けて森下で勝ち星を稼ぎたいところでもあったが、森下がエースの働きを担わされると自然、先発のやりくりも苦しい。
 というところで、新監督は新井さん。…えええええ!!!???いや、2軍監督とかもなしでいきなり新井さん!?もうどうなるのかさっぱりわからないが…来年もあまり期待はできないかもしれないな…。

 序盤に切望的なほど負けを重ねていたが、最終的に3位に入ったのは矢野マジックだろう。そんなマジックされても困るが…。そして来季は岡田監督。今更岡田か…監督の人材いないのか?令和のこの時代に岡田采配が通じるのかお手並み拝見といったところか。

 今季はBクラスに終わった、のにオフでも何もなし…だと。巨人といえば優勝が至上命題で、ましてやBクラスに終わるとFA戦線で乱獲してそうなイメージだったが、今年は何もなかった。選手の巨人信仰も薄れているのだろうが、それ以上に実は巨人ももう財力がないんじゃないかと思わされる。個人的に巨人のこの傾向は歓迎すべきだと思うが、これまた一つの時代の転換かもしれない。

  • 現役ドラフト

 今年から現役ドラフトが導入された。思い出したのはクリスマスのプレゼント交換会。プレゼントを持ち寄るのだが、当然そんなに予算出せないし、親の指導下にあったりするとノートとか文房具とか「有用かもしれないがそんなのいらん」ものが出回ったりする。初ということもあり、各球団とも人選は「思ったよりいいのを出すんだな」から「なめてんのか?」まであり、その中でやりくりした印象だ。実質的には闇鍋トレードか。しかし、こういったシステムも10年も立てば洗練されてある程度何が起きるかわかってしまうものになっていく。こういう誰もがわかりきっていない瞬間にファンとして居合わせられたことは幸せなのかもしれない。

『小学館版学習まんが 日本の歴史8 戦国大名と織豊政権』がスゴイ!

 学習漫画というジャンルがいつからあるのかはよく知らないが、児童向け、あるいはもう最近は大人向けでも、学問内容や自身の主張を漫画化する手法は一般的になっている。文字ばかり並んでいるのにうんざりする人間でも漫画なら読めるし、漫画技術も発達しているので、文字面のみよりも教育・扇動効果は間違いなく大きい。
 そして学習漫画の中でも歴史は大きなウエイトを持つ。歴史の流れは単なる公式や実験ではなくそれ自体が大きな物語でもあるから漫画とも相性が良い。実際に小学生の頃に読んだ学習漫画が歴史ファンの入り口となった人も多いのではなかろうか。
 それだけに学習漫画は児童・学童の歴史観や知識形成に大きな影響力を持つ。個人的な話になって恐縮だが、私が小学生の頃に学校図書館で読んでいたのは小学館の「少年少女日本の歴史」シリーズだった。そのうち9巻「立ち上がる民衆」では前半が足利義持・義教の治世で、当然教科書には全く記載がなかった鎌倉公方足利持氏関東管領上杉憲実についても知ることができた。現在に至るまで鎌倉府に興味があるのは間違いなくこの学習漫画永享の乱を扱ってくれたからだ。こういう風に学習漫画に何が書かれているのかは「常識」の形成にあたって無視できない。
 畿内戦国史がマイナーかつ手を突っ込んでもよくわからないと言われることが多いのも極論、学習漫画で上手く取り上げてくれていないという事情も大きい。応仁の乱の後は各地の戦国武将列伝のような構成が続き、畿内に帰ってきたと思ったら室町幕府は形骸化していて細川氏下剋上した三好氏を下剋上した松永久秀足利義輝を暗殺して、織田信長が上洛してきてしまう。応仁の乱から織田信長登場まで畿内は飛ばされてしまうのだ。これでは「常識」の形成もしようがない。
 一方で歴史像というものは絶えず更新され続けていて教科書の内容も徐々に変わっている。それに合わせるように近年でも通史的学習漫画は様々な出版社から出し直され、内容に更新があったりなかったりしているようだ。小学館歴史学習漫画といえば、私も馴染み深い「少年少女日本の歴史」シリーズがあったが、このたびいよいよ新しいシリーズに切り替わることになったようだ。
 特にいちいちチェックする気もなかったのだが、Twitter上ですごいらしいという話を見聞したのであわてて買ってきた。早速読んだ。こっ、これは…

www.shogakukan.co.jp

続きを読む

天野忠幸編『戦国武将列伝7 畿内編【上】』(戎光祥出版)感想

 戦国史研究。戦国時代は日本の歴史上人気が高い時代の一つだ。摂関藤原氏や執権北条氏を誰一人知らないような者でも、戦国武将を一人も知らないのはまずあり得ないと言っていいほど、現代に生きている者にとって戦国時代のコンテンツは日常にある。中世から近世への移行期という時代は、直近の幕末・維新期ほどの生々しさもなく、変動期に生きた群雄の多様な生き様がどこかしら現代人に訴えかけるからだろう。その一方で、だからこそ戦国武将をめぐる言説にはすでに一定のイメージがある。戦国史研究もまた知らず知らずのうちに通説的観念の呪縛を受けてきた。しかし、近年そうしたイメージはあくまでイメージであり、江戸時代以降あるいは最近になって形成されてきたものであることも解明されてきた。こうした流れはまさしく画期的で、ここ数年関東と畿内戦国史毎年何かしらの新事実が示され更新され続けていると言っても過言ではない。
 こうした史学における更新は単なる解釈や歴史観の問題というわけだけではなく、事件の内容や年次、実名といった基礎的な事実が洗い直されていることも多い。キャラクターコンテンツや歴史ドラマが史学の成果の下に置かれるわけでは決してないけれども、通説をそのまま使用した場合、創作部分とは別に誤りである場面も出てきた。もちろん無自覚なものは致し方ないが、通説を用いる場合それは「あえて」という前置が必要になってきている。こうしたギャップはできるだけ埋められるのが望ましいと思われる。
 しかしながら、史学の場面でも更新された基礎的な事実が共有財産になっているとは言い難い。畿内戦国史はここ20年の成果甚だしいが、特定の研究者が特定の大名権力に注力して研究を進展させているため、相互の研究成果が参照されているとは限らない。地域を広げると状況はまた深刻で、その地域の叙述は最新研究でも、そこから外れると途端に否定されている旧説が顔を出したりする。卑近な話、私はTwitter上で放言を繰り返しているが、東国などの地域について述べようとした時に「ちげーよボケ」をオブラートに包んだリプをもらったことは一度だけではない。他山の石と言うのはたやすいが、実際にはなかなか上手くいかないものである。
 事実を規定し直す研究成果が一般どころか学界でも共有しきれていない。そうした危惧を解消するための試みとして最上級のものがやってきた。それが戎光祥出版『戦国武将列伝』シリーズである。戎光祥出版は過去にも足利将軍や天皇南北朝武将で列伝を出していたが、今度のは破格のスケール。全国計500人超!全13巻!ちょっと本気が過ぎますねこれは…。
 第1弾となるのが12月9日発売の「関東編【上】」「畿内編【上】」。関東と畿内!また熱いところから来ましたな。
https://www.ebisukosyo.co.jp/item/663/
https://www.ebisukosyo.co.jp/item/664/

 特に畿内編とあっては引くわけにはいかない。

 早速入手の上勉強してみる次第である。

続きを読む

堺市博物館・特別展「堺と武将 三好一族の足跡」

 今年は三好長慶生誕500周年!それに合わせてこの秋も色々と企画が目白押しでしたが、博物館展示として現状のトリを飾ることになったのが堺市博物館・特別展「堺と武将 三好一族の足跡」!10月29日から12月11日までの開催となっております。
www.city.sakai.lg.jp

monsterspace.hateblo.jp
monsterspace.hateblo.jp

 観覧料は一般500円、図録は2210円となっております。高槻市大東市と比べると割高な気もしますが、これは高槻や大東が太っ腹だっただけであって、本来はこちらが適正料金、ということでしょう。だから、高槻市の展示図録500円なんてお金を使っているうちに入らないですよね?実質タダで買えるようなもんなのでお買い得でしょう。

続きを読む