志末与志著『怪獣宇宙MONSTER SPACE』

怪獣monsterのコンテンツを中心に興味の赴くままに色々と綴っていくブログです。

【ネタバレ有】『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』感想

※この記事中には映画の内容に関するネタバレを大いに含みます。初視聴の驚きや感動を体感したい方にはおススメしません。

 令和2年(2020)8月8日に『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』を観て参りました。本当は3月公開だったのが、新型コロナウィルスCOVID-19によるコロナ禍で公開中止となり、その後本当に公開されるのかと危惧されたこともあって、とりあえず無事公開できてほっとした面持ちであります。
 さて、いつもなら前置きをダラダラ書いてから、これがどうだあれがどうだと言っていくところなんですが、今回は特にありません。個人的な感想ですが、TVシリーズウルトラマンタイガ』自体がとてもふわっとした感触のまま、しかも公開延期でここまで来てしまったので、何が望めるハードルなのか具現化できなかったんですよね。そりゃトライスクワッドもニュージェネレーションヒーローズもイージスも活躍はしてほしいのだけど、何があれば「よっしゃ!」と思えるのか、ここは出たとこ勝負といったところでした。

 ただ、一つ言っておくとしたらウルトラマントレギア物語」(『ウルトラマンタイガ超全集』掲載)ですね。トレギアは去年の『劇場版ウルトラマンR/B』が初登場だったわけですが、その時は素性について何ら設定はなく、設定はすぐには設けず便利屋として使いまわしていくキャラクターなのかなと予想していました(以下参照)。
monsterspace.hateblo.jp

 ところが、当初の予想に反してトレギアは『ウルトラマンタイガ』でかなり詳細な設定を付与されます。光の国出身であり、タロウの親友でありながら闇に堕ちたウルトラマン…『劇場版R/B』では無色透明だったのが急速に色を付けられた格好です。しかも話が進むにつれ、タイガスパークを開発した科学者であるということが明かされ、キャラクターとして色付いていくと同時に、私としてはキャラクター理解がよくわからなくなってきました。タロウの親友であり優秀な科学者であるという過去と、愉快犯的に振舞い光と闇の区別や絆を憎む現在は距離がありすぎ、一体何があったらこうなるのか予測できなかったからです。直言すれば、後付け設定をその場その場で付けたせいでキャラクターの輪郭が失われているとさえ感じました。
 それゆえに「トレギア物語」には驚きました。タロウと親友であったこと、タイガスパークを開発したこと、闇堕ちしたこと、何度倒されても復活できる理由…全てが矛盾なく成り立っている!やはりプロの作家は違いますね。いつから考えられていたのかは存じませんが、上手くまとめられています。『タイガ』ではトレギアが何をしたかったのか、何を言っているのかよくわからないまま流していた言動もあったのですが、これを読むと全てが繋がる、トレギアの台詞として響いてきますね。まあこんな大事な話を超全集の付録だけで終わらせるのもどうかなって思いもありますが…(近年超全集は高額化しているので敷居が低いとはなかなか言えません)。
 そういうわけでトレギアについては頭の中でどんなキャラクターかという整理はついていました。今回の『劇場版タイガ』のトレギアもこの延長上に理解できるキャラだったので、『劇場版R/B』や『タイガ』を経てもトレギアが何なのか納得できないという方は「トレギア物語」を読んでおくことをおススメします。

続きを読む

デジタルモンスターXの展開を振り返って

 デジタルモンスターX平成31年(2019)3月に第1弾、令和元年(2019)11月に第2弾、令和2年(2020)3月に第3弾が発送されたデジモンギアである。奇しくも初の元号を跨いで展開した育成ギアということになったが、そこには取り立てて意味はない。意味があるのはやはりデジモンの育成ギアと言えば、このXがデジモンツイン以来12年ぶりの完全新作ということだろう*1

p-bandai.jp
p-bandai.jp
p-bandai.jp

 そして、新作としてはこれまた初のプレミアムバンダイ限定でしか売らないギアでもあった。そもそも流れとしてはプレバン限定でデジタルモンスターVer.20thやデジモンペンデュラムVer.20thといった復刻版があり、この時からすでにスタッフのインタビュー等では「行く行くは完全新作を出したい」といった野望が触れられていた。その意味では今回のXはある意味「満を持して」でもあり、デジモンが生まれてから20年以上経った今「何が出来るのか」という点にも期するものはあった。
 それでは実際どうであったのか。これまでも当ブログではXについて触れてきているし、総括を兼ねて感想を述べることがとりあえず久方ぶりの新作ギアに対する礼儀でもあるだろう。

monsterspace.hateblo.jp
monsterspace.hateblo.jp

*1:クロスウォーズミニ?あんなのは育成ギアとは呼びません

続きを読む

『ウルトラマン公式アーカイブ ゼロVSベリアル10周年記念読本』(実業之日本社)の感想

 ウルトラマンゼロと言えば、私にとっては彼がキャラクターとして生を享けた時からずっと付き合いがあるわけで、ある種苦労していた時代を知る者としては、今の押しも押されぬ大人気ヒーローぶりには正直言って面食らうところさえあります。あのゼロがこんなにも支持を獲得している様が可視化されているんだから本当にすごいことですよ。
 そんなゼロも初登場した『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説THE MOVIE』以来10年ということで、ウルトラマンゼロ10周年展開がドバドバ来ているのが現状です。COVID-19の流行がなかったらもっと盛り上がっていたのかなという点は惜しいですが、ゼロ10周年を盛り上げて行こうとする「意志」は強く感じられます。もちろんグッズや映像展開、イベントも楽しみですが、一つの本丸として書籍・ムックと言うものも外せないでしょう。

ウルトラマン公式アーカイブ ゼロVSベリアル10周年記念読本

ウルトラマン公式アーカイブ ゼロVSベリアル10周年記念読本

  • 発売日: 2020/07/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 そして、期待通りと言いますか、ムックが出ました。ゼロのムックは超全集などを除けばこれで3冊目でしかも3年連続ですかね。このペース自体がゼロが人気であることを物語るには充分でしょう。

※過去のゼロムックレビュー記事
monsterspace.hateblo.jp
monsterspace.hateblo.jp

続きを読む

柴裕之編著『図説 豊臣秀吉』(戎光祥出版)のススメ

 小学生以来歴史とは長い付き合いになる。私の位置としては一介の歴史ファンの域を出ていない。しかし、それなりに最新研究も能動的に摂取していると、どうしても知識としてはディープなものになる。「初心者」ではないわけである。一方、歴史というジャンルは老若男女に遍くそれなりの人気があり、特段興味がなくても小説やゲーム等によって知識を摂取できる。それらは凡そ「通説」に依っていることが多い。一口に歴史ファンと言ってもその幅は広く、特に現代の匿名を前提とする「場」では、「通説」と最新研究に距離があることによって、認識の齟齬が生じがちである。
 とは言え最新研究が必ずしも正しいわけではない。見直しに次ぐ見直しによって練り上げられた新説がやがて新たな通説として認められて行く流れがある。しかしながら、こうしたことも傍目からは非常に認識しにくく、新説の初動の段階で新聞記事沙汰になってしまうとセンセーショナルな響きが独り歩きしてしまう。このように歴史学の現場と一介のファンの娯楽的な歴史享受の間には小さくない溝が存在してしまう。
 こうした溝を埋めるためのものが戎光祥出版が出されている「実像に迫る」シリーズ「図説」シリーズである(「マンガで読む」シリーズもおススメです)。両者ともにオールカラーで史料の写真や地図を豊富に含んでいる。執筆者も新鋭の研究者が多く、それでいてむしろ本としては薄い。値段もせいぜい2000円くらいで比較的安価である。最新研究がわかりやすくそれでいて高圧的でなく降りてくるものとして価値が高い。
 そして、今回その「図説」シリーズで取り上げるのが『図説 豊臣秀吉である。

図説 豊臣秀吉

図説 豊臣秀吉

  • 発売日: 2020/06/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

続きを読む

黒嶋敏『天下人と二人の将軍:信長と足利義輝・義昭』(平凡社)の感想

 ここ10年ほど畿内戦国史を彩る風景はだいぶ様変わりしている。信長上洛以前の権力(室町幕府細川京兆家・六角氏・畠山氏・三好氏)の実態解明が進んだことで織田信長の上洛、あるいは織田政権の成立を画期と見なす時代観は大きく動揺し、再考を迫られている。逆に信長以前の権力の担い手が注目され、プレ信長としての評価を受けるようになった。同時に別角度からであるが、織田信長の人物像も見直しが進み、日本史の教科書に書いてあるような「天下統一の野望を抱き行動に移した」という人物像はもはや成り立たないと言って良い。二つの流れは通説「織田信長」の相対化という点で一体化する。
 ただし、この流れが「定着」していくのか?というのはまだまだ不分明である。畿内戦国側の問題としては権力研究がセレクション化していることがある。それぞれの分野で深化はしているものの、各分野の深化を共有しきれていない面もあり、各分野で違った見方が発生している相違点のすり合わせを微妙に欠いているのである。マクロな畿内戦国史はまだまだ描かれていないと言え、享受者の度量に任されている現状なのである。その上で三好長慶の偉大性が再確認されれば言うことナシです。

直接関係ないけど、今度また畿内戦国史通史っぽい本が出るので期待したいですね。

 織田信長研究にしても、近年の研究は織田信長がむしろ標準的な戦国大名でしかないことを明らかにした。であれば、そのような信長がなぜ暫定勝者、または足利将軍に匹敵する地位に登れたのかという点が改めて問われるべきであろう。通説は相対化されたが、新しい通説が生まれるにはまだまだ距離がある。
 こうした問題がある中で出されたのが本書『天下人と二人の将軍:信長と足利義輝・義昭』である。著者黒嶋敏氏は畿内戦国史の研究者でも織田信長をメインに据える研究者でもない。過去の論文を全てチェックしたわけではないので、瑕疵があるかもしれないが、東北や九州・琉球についてそれぞれの中央との関係に興味を持たれている。中世日本国家における中央と地方、都鄙関係について造詣が深い研究者なのである。畿内戦国史研究の課題としてミクロな深化をマクロに統合できているかということを前述したが、黒嶋氏はまさしくマクロな視点を備えた研究者であり、その中でどのように畿内戦国史の一局面を描くのか注目されるところ大であった。

続きを読む

『ウルトラマンクロニクル ZERO&GEED』におけるウルティメイトフォースゼロ

 ウルトラマンのニュージェネレーションシリーズの第1作は『ウルトラマンギンガ』でしたが、突然『ギンガ』の放送が開始されたわけではありません。『ウルトラマン列伝』という過去シリーズの再放送と総集編をウルトラマンゼロがナビゲートするという番組があり、この中で3分番組ではありますが『ウルトラゼロファイト』という新作の放映を経て、『ウルトラマンギンガ』の放送に至ったわけです。と同時に『ウルトラマンギンガ』は『新ウルトラマン列伝』という番組内番組でもあり、夏季に6話、秋季に5話を放映するが、それ以外は従来の再放送や総集編で繋ぐという形式になりました。ニュージェネレーションシリーズはまさに列伝から生まれ育てられてきたわけですね。
 ニュージェネは『ウルトラマンオーブ』以降『新ウルトラマン列伝』の看板を外し、単独番組として成立することになります。とは言え、1年まるまる放送できる環境とはなっておらず、放映期間は半年となります。そのため、新作を放映しない残りの半年は過去作を用いて放映枠を確保するようになりました。これはあえて言いますとクロニクルシリーズですね。再放送・総集編主体というのは列伝と同じですが、番組でテーマを設定してしまうことに特徴があります。取り上げられるのは「何でもアリ」ではないということです。列伝と比べると寂しさもありますが、クロニクルも番組としては半年に過ぎないので致し方ないところはあります。
 もう一つの特色はクロニクルがその後の新作のある種伏線のようなものを盛り込んでいるということです。単なる再放送ではなく「繋ぎ」の新作として見て欲しいという思いが看取されます。
 令和2年(2020)のクロニクルシリーズはウルトラマンクロニクル ZERO&GEED』(以下『ウルクロ』)でした。
www.tv-tokyo.co.jp

 「ウルトラマンゼロ10周年記念」と銘打たれており、ゼロシリーズと『ウルトラマンジード』からセレクト再放送・総集編を作るものでした。新作『ウルトラマンZ』の主役ウルトラマンのゼットはゼロの弟子であり、ジードも『Z』に登場しますので、「繋ぎ」としての役割を担っていたわけですね。
 その一方で単独番組としての要素もあり、ジードこと朝倉リクとその相棒のペガがウルトラマンゼロが主催するビヨンド学園に通い、授業を受ける。授業の先生は変わったり、教室には他の生徒が現れたり…とコントが展開されたりもしました。
 ここまでが前置きです。本記事で触れたいのはそのビヨンド学園にウルトラマンゼロの仲間たち、ウルティメイトフォースゼロが現れたということです。まあ新番組予告で新規撮影の奴らはすでに映っていたし、ゼロシリーズからセレクト放映される以上触れないということはないのですが…それでもやや衝撃ではありました。その内実についてあれこれ述べていきましょう。

続きを読む

高槻市しろあと歴史館・トピック展示「戦国武将・松永久秀と高槻」を見に行って来た!

 「たかつきDAYS(広報たかつき)」(http://www.city.takatsuki.osaka.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/11/koho200301all.pdf)を読んでいたら、突然見たことがない松永久秀肖像画が飛び込んできたのもだいぶ昔な気がする(ついろぐで見てみたら2月25日らしい)。松永久秀の新出肖像画をメインに据えたしろあと歴史館のトピック展示も当初は3月7日からの開催のはずが、新型コロナウィルスことCOVID-19の感染対策のため、しろあと歴史館が臨時閉館状態になったこともあり、6月2日からようやく開催された。しろあと歴史館自体そこまで大規模な博物館ではないし、トピック展示と言ってもそこまで色々やっているわけではないが手短に感想を語ってみたい。

www.city.takatsuki.osaka.jp

 なお、ネット上に出品目録も公開されているのでご参考までに。

続きを読む