志末与志著『怪獣宇宙MONSTER SPACE』

怪獣monsterのコンテンツを中心に興味の赴くままに色々と綴っていくブログです。

足利義輝側近・一色藤長と三好氏

 去年『戦国遺文 三好氏編』の補遺ページをざっと見ていたら、ある書状が目に入ってきた。固より古文書など読めるわけがないが、「石力」「入魂」「(一色藤長)」などの文字が見え、どうやら石成友通と一色藤長が親しい関係にあるらしいことは何とか読み取れた。石成友通は(三好三人衆の一人として)まあ知っているとして、一色藤長も一応聞いたことがある名前ではあった。ただ、その時は友通と幕臣の繋がりを意識の片隅に置きつつもそれだけで終わった。
 そして、今年図書館に相互貸借で貸してもらった資料を返しがてら、歴史コーナーですっと『戦国期政治史論集 西国編』を採ると、目次に木下昌規先生の論文で足利義輝・義昭期における将軍御供衆一色藤長」があるではないか!これはもしや運命か?石成友通との「入魂」の記述から三好政権における友通の役割がわかるかもしれん…と食い入るように読んでみたものの…

高梨氏は、藤長は天文二十年の一件から三好氏との協調派であったとする。当時十代と思しき藤長と三好氏の関係については、ほかに関連史料がないため具体的には判然としないが、親密であったことを示す史料は管見上、見当たらない(224頁)

 結局、藤長と三好氏の関係性についての記述はほとんどなく(義輝期の動向はほぼ全て義輝や幕府との関係のもの)、若干肩すかしを食らうことになった。木下先生は戦国期室町幕府研究の大家でいらっしゃるが、どうやら友通との「入魂」を示す文書の存在を見落としておられるようである。
 まあそれはそれとして、当該時期、具体的には天文末年から永禄にかけての室町幕府と三好氏(三好政権)の関係性は近年議論が尽きないところである。戦国時代の室町幕府は俗に言われるような傀儡政権では決してなく、中央政権としての機能を曲りなりにも果たしていた。一方の三好氏は主家である細川京兆家相手に「下剋上」を成し遂げる中、畿内を支配して行くが、その支配秩序は室町幕府と一体化するものではなく、足利将軍(に相当する人物)を必ずしも擁立しない態度を持っていた。このあたりが三好長慶をして「戦国最初の天下人」と呼ばしめ、「三好政権」という呼称の由縁でもあるわけだが…実際室町幕府三好政権なるものがどのように併存し、宥和あるいは対立していたのかという点は現在でも明らかになっているとは言えない。今後の研究に期待したいところである。
 ただ、その中で一色藤長と三好氏の関係性はやはり一つの鍵となり得るものなのではないだろうか、というのがこの記事である。

  • 1 一色藤長の登場~三好氏に知行回復を頼む藤長
  • 2 義輝側近・一色藤長~石成友通との「入魂」関係
  • 3 その後の一色藤長~三好氏との決別
続きを読む

ウルトラマンフェスティバルinひらかたパーク2018-2019withダークヒーロースペシャルナイトの感想

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。と言った傍から去年の話ですが…まあ400年くらい前の話もしてるし、1年前くらいはどうってことはない、たぶん。

 平成30年(2018)12月25日にウルトラマンフェスティバルinひらかたパーク2018-2019(長いな…)並びにダークヒーロースペシャルナイトに行ってきたので感想を書いて行きます。前回はひらパーのチケットを買った上でウルフェスのチケットで展示パビリオンに入場する仕組みでしたが、今回はウルフェスのみの入場が可能になっていて、遊園地に興味がない場合はお気軽でいいですね(園内の飲食施設に出入りできないデメリットはありますが)。

続きを読む

三好政長(三好宗三)―細川晴元権力の体現者

 戦国時代、三好長慶細川晴元や将軍足利義輝と戦い三好政を樹立した。長慶は三好之長以来、受領名「筑前守」を名乗る三好氏の嫡流であった。一方で三好氏には多数の支流があり、長慶という「主流」にある時には従い、ある時には対立して生き残りを図った者たちもいた。三好政長(三好宗三)もその一人である。三好政長の歩んだ道は決して「主流」となることはなかった。しかし、彼が権力を得た階梯や趣味嗜好は畿内戦国史の中に確かな足跡を残している。政長は三好氏の中では傍流のさらに傍流という立場であり、決してなるべくしてのし上がれたわけではない。しかし、と言うよりもだからこそ政長は細川晴元権力の要となって立身し権力を掌中に収めることになったのである。
(なぜ三好政長なのか?と言えば、私は三好三人衆について、長逸は書いてみたので次は宗渭と思い、宗渭について書き始めたら前史としての政長が予想以上に膨らんでしまい分離したという経緯がある。しかし、三好政長について書くのは予想以上に難しかった。近年三好氏研究や戦国細川氏研究が隆盛しているのは実に有難いことであるが、両者の中でも政長はクローズアップされていないからである。三好氏研究は之長→元長→長慶の「嫡流」を軸としていて、政長は「もう一つの三好氏興隆の道であった」とされつつもその政治権力や立ち位置についてそれ以上突っ込むことはない。戦国細川氏研究は馬部隆弘先生が近年成果を上げており、三好政権に至るまでの細川権力の中の階梯について有意義な示唆を与えてくれる。しかし、その階梯は柳本賢治と木沢長政を語った後、その縁者であり晴元権力のキーマンであろう三好政長に焦点を当てず、高国残党の細川国慶細川氏綱へと視点がシフトしていく。そのため三好政長の畿内戦国史における役割というのは三好氏研究でも戦国細川氏研究でも非常にぼやけてしまっている。本記事はそのような三好政長を語ろうとするものだが、如何せん筆者による「脳内補完」や「妄想」の類がとても多いことをおことわりいただく。)
※本記事は三好政長(宗三)に関する情報を募集しています。また事実の誤謬などありましたら遠慮なくご指摘くださいますようお願いします。

続きを読む

『フロイス日本史』に見る永禄の変への道

 永禄の変とは永禄8年(1565)5月19日、室町幕府将軍足利義輝が三好義継、松永久通、三好長逸らの襲撃を受け殺害された事件である。戦国時代の足利将軍は影が薄い存在のようにも捉えられがちだが、この事件は織田信長上洛のきっかけとなっただけに知名度も高く、足利義輝が抵抗の際奮戦したことから、義輝は「剣豪将軍」とキャラ付けされることも多い。その一方で事件そのものの畿内政治史における意義や、なぜ義輝が殺されたのかなどは一般的にはあまり意識されていないのではないだろうか。戦国時代の足利将軍は「傀儡」であり、実権を握る三好・松永氏に反抗したため、殺された、そのような「下剋上」の典型としての理解が今でも多いような気がする。
 しかし、戦国時代の室町幕府は傀儡として操られる権威だったわけではなく、統治機関としての実体性を備え、有力大名と連立して畿内の支配を実現していたことがわかりつつある。そのような中で永禄の変も実証的な研究が進み、現在でも定説があるわけではないが、通説に留まらない理解が示されて来ている(足利義昭と織田信長 (中世武士選書40)に永禄の変に関する諸説が端的にまとめられているのでおススメである)。その中で有力となっているのが、三好氏が行ったのは「御所巻」であり、最初から義輝を殺そうとしていたわけではないというものである。三好氏による御所包囲は公認された請願運動であったというこの説は、永禄の変が「下剋上」であるという理解からすると新鮮なものに見える。
 永禄の変御所巻説の大きな根拠となっているものの一つがフロイス日本史』である。『フロイス日本史』には確かに「三好殿」(三好義継)が義輝に訴訟ありとして「イワナリ」(石成友通)が訴状を提出する様が描かれており、義継が将軍義輝に政治要求を行ったことを記している。しかし、フロイス日本史』のこの場面は引用されることが多いが、『フロイス日本史』が記す永禄の変への経過はそこまで意識されていないのではないだろうか(なお、上記中世武士選書シリーズでは簡潔ながら触れている)。というわけで、何が書いてあるのか、読み直してみようというのが本記事である。

続きを読む

『ウルトラマンジード』最終回で起こったことについて

 『ウルトラマンジード』という作品は私にとってとても啓発的な作品でした。ウルトラマンゼロウルトラマンベリアル、この2人のキャラクターについては、有難いことに彼らが生まれた時からずっと付き合いがあるわけです*1。『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』における衝撃な登場から始まり、色々なことがありました。『ウルトラマンジード』は彼ら2人のこれまでの流れのある種の結実という側面があり、様々な知見を得ることが出来たシリーズでもありました。もちろん『ウルトラマンジード』はニュージェネレーションシリーズの一作でもあり、ゼロシリーズからの要素を過剰に取り込んでしまっては、ウルトラマンジード・朝倉リクを主人公とする作品としての意義が薄くなってしまいます。ただ、私としてはゼロシリーズの延長に『ウルトラマンジード』が位置する意味は最低限必要だという認識を持っていました。具体的に言いますと「なぜベリアルの息子が必要なのか?」、これがなければ『ウルトラマンジード』のシリーズとしての存在意義は全くないと感じていました。

*1:5900年前や16万年前から付き合いがあるという意味ではない

続きを読む

三好孫九郎生勝の役割についての雑考

 戦国時代、畿内と四国を跨ぐ勢力を築いた三好政の主宰者の地位は「三好本宗家」によって継承された(と言っても二代だけだが)。しかし、天正元年(1573)11月16日「三好本宗家」の当主・三好義継が織田信長の部将・佐久間信盛に攻められ死去したことで「三好本宗家」は滅亡する。というのがあまり知られていない三好氏をめぐる定説である。
 だが、政権主宰者たる「三好本宗家」はともかく、三好長慶が河内に移って以来の「河内三好氏」は滅亡したわけではないらしい。その鍵となるのが三好生勝である。
 三好生勝については伝来文書を平成27年(2015)に広島県立文書館様が展示してくださっており、パンフレットをPDFとしてネット公開してくださっている。
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki_file/monjokan/zuroku/h26zuroku_miyoshi.pdf
 これによると三好生勝について以下の情報が得られる。

  • 三好生勝は三好義継の後継者である(よって河内三好氏の文書を伝来している)
  • 三好生勝の実父は多羅尾綱知である
  • 三好生勝の母は三好義継の妹(十河一存の娘)である
  • 三好生勝は三好宗渭によって養育された
  • 三好生勝は織田信長から河内の領地を認められ石山合戦で活躍した

 無論これらの情報は、広島藩士三好氏の「伝承」である。しかし「事実」としては次のものが確かめられる。

  • 三好生勝は実際に織田信長豊臣秀吉と書状をやり取り出来、三好氏の後継者としての地位を備えていた
  • 三好生勝の実父は多羅尾綱知である(『天王寺屋茶会記』)
  • 三好生勝は若江三人衆(多羅尾綱知・池田教正・野間康久)と関係が深かった(『天王寺屋茶会記』)

 だが依然としては残る。例えば、

  • 三好生勝の母親は本当に三好義継の妹なのか
  • 本当に三好宗渭によって養育されたのか、養育されたのだとしたらそれはなぜか

などである。もっともここでは「謎」としてしまっているが、パンフレットが情報を端折っただけでちゃんと展示された一次史料を見れば、別に謎でも何でもなく事情が説明されている可能性はある。ただ、今ある情報を基にしながら、三好生勝とは何者だったのか、妄想考えを述べて行く。

続きを読む

元亀の争乱における細川昭元(細川信良)―織田信長に天下を取らせた男

 何となくリアルっぽさがある人気戦国歴史漫画センゴクを読んでいて思わず吹き出したシーンがある。『センゴク』第一部第五巻(だったか…)には比叡山織田信長包囲網を代表する大名たちが参会する、漫画らしさ重視の場面がある。ここに現れたのは朝倉義景浅井長政顕如光佐、斎藤竜興、そして細川昭元であった。

 センゴク』における三好氏陣営の描写の薄さはそれこそ一つ記事を書いていちいち突っ込みたいレベルだが、まあやめておこう…。これは想像だが、作者はたぶん三好氏をスルーも出来ず、三好三人衆という名前は登場させたが、三人衆の立ち位置や人物像がわからず、誰が三好氏代表なのか迷ったんでしょうな。そこで三好三人衆が擁立していた盟主細川昭元に目を付けたわけだが…細川昭元ってそんな三人衆の首魁と言えるような行動したっけな?と笑ってしまったわけである(今後歴史創作に三好三人衆・三好勢力から代表者を出したいのなら三好長逸をお勧めする)。
 しかし、よく考えているとこれも単なる思い込みなのかもしれない。名目上の盟主として擁立されるからには昭元が実は三人衆に指令していた形跡があるのかもしれない。そう思い、三好氏の傍ら昭元の動静について調べていたら…当初の思いからすると意外な行動が見えてきた。

続きを読む