志末与志著『怪獣宇宙MONSTER SPACE』

怪獣monsterのコンテンツを中心に興味の赴くままに色々と綴っていくブログです。

『ウルトラマンクロニクル ZERO&GEED』におけるウルティメイトフォースゼロ

 ウルトラマンのニュージェネレーションシリーズの第1作は『ウルトラマンギンガ』でしたが、突然『ギンガ』の放送が開始されたわけではありません。『ウルトラマン列伝』という過去シリーズの再放送と総集編をウルトラマンゼロがナビゲートするという番組があり、この中で3分番組ではありますが『ウルトラゼロファイト』という新作の放映を経て、『ウルトラマンギンガ』の放送に至ったわけです。と同時に『ウルトラマンギンガ』は『新ウルトラマン列伝』という番組内番組でもあり、夏季に6話、秋季に5話を放映するが、それ以外は従来の再放送や総集編で繋ぐという形式になりました。ニュージェネレーションシリーズはまさに列伝から生まれ育てられてきたわけですね。
 ニュージェネは『ウルトラマンオーブ』以降『新ウルトラマン列伝』の看板を外し、単独番組として成立することになります。とは言え、1年まるまる放送できる環境とはなっておらず、放映期間は半年となります。そのため、新作を放映しない残りの半年は過去作を用いて放映枠を確保するようになりました。これはあえて言いますとクロニクルシリーズですね。再放送・総集編主体というのは列伝と同じですが、番組でテーマを設定してしまうことに特徴があります。取り上げられるのは「何でもアリ」ではないということです。列伝と比べると寂しさもありますが、クロニクルも番組としては半年に過ぎないので致し方ないところはあります。
 もう一つの特色はクロニクルがその後の新作のある種伏線のようなものを盛り込んでいるということです。単なる再放送ではなく「繋ぎ」の新作として見て欲しいという思いが看取されます。
 令和2年(2020)のクロニクルシリーズはウルトラマンクロニクル ZERO&GEED』(以下『ウルクロ』)でした。
www.tv-tokyo.co.jp

 「ウルトラマンゼロ10周年記念」と銘打たれており、ゼロシリーズと『ウルトラマンジード』からセレクト再放送・総集編を作るものでした。新作『ウルトラマンZ』の主役ウルトラマンのゼットはゼロの弟子であり、ジードも『Z』に登場しますので、「繋ぎ」としての役割を担っていたわけですね。
 その一方で単独番組としての要素もあり、ジードこと朝倉リクとその相棒のペガがウルトラマンゼロが主催するビヨンド学園に通い、授業を受ける。授業の先生は変わったり、教室には他の生徒が現れたり…とコントが展開されたりもしました。
 ここまでが前置きです。本記事で触れたいのはそのビヨンド学園にウルトラマンゼロの仲間たち、ウルティメイトフォースゼロが現れたということです。まあ新番組予告で新規撮影の奴らはすでに映っていたし、ゼロシリーズからセレクト放映される以上触れないということはないのですが…それでもやや衝撃ではありました。その内実についてあれこれ述べていきましょう。

続きを読む

高槻市しろあと歴史館・トピック展示「戦国武将・松永久秀と高槻」を見に行って来た!

 「たかつきDAYS(広報たかつき)」(http://www.city.takatsuki.osaka.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/11/koho200301all.pdf)を読んでいたら、突然見たことがない松永久秀肖像画が飛び込んできたのもだいぶ昔な気がする(ついろぐで見てみたら2月25日らしい)。松永久秀の新出肖像画をメインに据えたしろあと歴史館のトピック展示も当初は3月7日からの開催のはずが、新型コロナウィルスことCOVID-19の感染対策のため、しろあと歴史館が臨時閉館状態になったこともあり、6月2日からようやく開催された。しろあと歴史館自体そこまで大規模な博物館ではないし、トピック展示と言ってもそこまで色々やっているわけではないが手短に感想を語ってみたい。

www.city.takatsuki.osaka.jp

 なお、ネット上に出品目録も公開されているのでご参考までに。

続きを読む

石成友通(長信・岩成友通)―近世への「手負せ」の中で

 いきなり個人的な昔話を語って申し訳ないが、私が「三好三人衆」を知ったのは小学4年生の頃であった。学研だったかの教材に三英傑が主人公の歴史漫画が掲載されており、織田信長の上洛戦の時に「松永久秀三好三人衆が将軍を暗殺した」という下りがあったのが、最初の出会いとも言い得るものである(ちなみに久秀は髭面の悪人顔で三好三人衆は全員シルエット登場だった)。まあそれはともかくとして名前が出てる松永久秀はともかく三好三人衆って誰だよと思うと、コマの外に(三好三人衆三好長逸三好政康岩成友通)とあった。ちなみに三好長逸というのは「ながゆき」とされることもあるが「ながやす」と読むのが正しいし、三好政康とされる人物の実名は政勝→政生で政康というのは間違い、岩成も石成と書くのが穏当である(←早口で言えれば君も三好マスターだ!)。それはともかく、この名前の並びを見て私は、と言うか誰でも初見時には感じると思うが「そうか、三好三人衆は三好名字の三人が…って岩成って何だよ!?と思ったのである。そもそも岩成ってそんな名字聞いたことがない…*1。石成友通を「謎の人物」と見なしてしまうには足りる情報量だった。
 そして、実際の石成友通も意外とヴェールに包まれた人物であった。本記事がそのような石成友通の実像に近づければ幸いである。

  • 姓名と謎の出自
  • 石成友通の登場
  • 三好政権の中の石成友通
  • 三好三人衆の一人・石成友通
  • 三好三人衆の没落と反攻
  • 最後の山城守護・石成長信
  • 石成友通とは何だったのか
  • 付録 元亀3年(1572)石成長信関係史料
    • おまけ
  • 参考文献・論文

*1:令和2年現在岩成姓の人は1200人ほどいるらしい

続きを読む

『興福院所蔵鷹山家文書調査報告書』のススメ

f:id:hitofutamushima:20200504093202j:plain

 4月上旬頃から『鷹山家文書調査報告書』というのはすごいらしいという噂が聞こえてきた。しかも聞くところによると、充実の内容にして2000円という安価!付属論文も錚々たるメンツが書いている。家にいてもやれることは多くはないし、自粛のお供と思って買ってみることにした。

↓購入方法はコチラ 今時定額小為替なのか…

www.city.ikoma.lg.jp
www.city.ikoma.lg.jp

続きを読む

今後ゲームに参戦してほしい(CGポリゴンが作られて欲しい)デジモン考―完全体以下を中心に

 今更言うまでもないが、デジモンは全体数がこの手のキャラクターものとしては多い方である。20年以上続いており、その中でも基本的にコンスタントに数を増やしているので当然と言えば当然ではあるのだが。そしてこれまた当然のように、(その当時の)全デジモンが一堂に会した媒体というのは本当に初期にしかない。その後のデジモンはアニメにしろゲームにしろ選抜メンバーが出ている、ということである。別にこれ自体は悪いことではない(全デジモン出してそれぞれに個性付けして系統を組み立てるのは土台無理)が、どうしても格差が生まれる。アニメだと設定画があり、ゲームだと「素材」があるデジモンの出番が優先されやすい(例えば、すぐ下に述べる事情によって、『デジモンセイバーズ』のデジモンはゲーム出演機会は多かった)。特にゲームの場合は現代の「素材」は何よりCGポリゴンがそれにあたる。
 かつてデジモンは平成18年(2006)のアーケードゲームデジモンバトルターミナル』から始まって、平成25年(2013)の『デジモンワールド リ:デジタイズ デコード』まで主要デジモンのポリゴンを使いまわしてきた歴史がある。解像度が上がりゲームでもポリゴンに一定以上のクオリティが求められる現代、いちいち新作ゲームのたびに新規ポリゴンを用意するより遥かに経済的と言える。しかし、バトルターミナル時代のポリゴンは流石に見た目に耐えられなくなり、平成27年(2015)の『デジモンストーリー サイバースルゥース』(以下、サイスル)からはさらにブラッシュアップされた仕様のポリゴンが用意されることになった。
 サイスルのポリゴンはかなりレベルが高く、その後種々のゲームに流用されていくこととなった。ただ、サイスルに登場したデジモンは240体、まあまあ多いようにも見えるがデジモン総数から見るとまだまだ足りていないし、古参やアニメ主役すら網羅できているわけではない。令和2年(2020)発売予定の『デジモンサヴァイブ』など、2D作品が今後出ないわけではないが、基本的にはサイスル仕様のポリゴンが流用されていくのが基本線と思われ、多くのデジモンたちがゲームに出るためにはまずポリゴンが作られないことには始まらない。
 もちろんサイスル以降もデジモンの新規ポリゴンは作られ続けている。平成29年(2017)発売の『デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー』(以下、ハカメモ)ではサイスルから加えて70体の新規デジモンが追加され、それらの参戦チョイスは数に制限がある中かなりツボを押さえていたと評価できる。もちろん十全というわけではないが、基本フォーマットがやっと整ったと言えようか。
 また、平成28年(2016)から令和元年(2019)まで続いたソシャゲ『デジモンリンクス』や平成30年(2018)から始まり、令和2年(2020)5月現在まで続くソシャゲ『デジモンリアライズ』でも新規ポリゴンが順次追加されている。コンシューマーゲームは定期的とは言え数年おきにしか発売されないので、順次追加されるこうしたソシャゲの方が新規ポリゴンの増えようはリアルタイムで感じ取れる。
 ただし、一方でソシャゲの追加は基本的に小出しという宿命を背負っているし、既存系譜に乗っかって行く形での追加が多い。『デジモンリンクス』における新規ポリゴンは以前まとめたことがある(以下参照)が、中身としてはほとんど究極体とその派生(X抗体)が多い。系譜まるごと参戦を除けば完全体以下はキメラモンしかいなかったし、そのキメラモンも参戦契機としてはミレニアモン系譜の一体としてという側面が強い。
monsterspace.hateblo.jp

続きを読む

100日後に死ぬ足利義教

 もはや一昔前のような気さえしてしまうが、「100日後に死ぬワニ」という1日更新型4コマがわりと流行った。これが秀逸だったのは「100日後に死ぬ○○」にそれなりの汎用性があることで、歴史オタ界隈でも歴史上の人物を○○に入れるのがそれなりにまた流行った(多くは一発ネタだったが)。ただ、実際問題として本当に死までの100日を追いかけられる人物は多くはない。まず病死の場合、死までの数日~数十日は病に苦しむので、日々にバラエティ感が出ない。そもそもの話として1日1日の動静の記録がわからない。
 すなわち、「100日後に死ぬ○○」が可能なのは、1日の動静が丹念に記録に残り、なおかつ突然の死を迎えた人物に限られる。足利義教はこの両条件を満たす存在であるため、試みに100日の動静を調べてみることにした。

 なお、この記事の情報はほぼほぼコピペみたいなものなので、この記事を参考に誰かが漫画化するとかSNSbotにするとかするのは自由です。ちなみにこの頃は太陰暦なので今のカレンダーとは月日が一致しないので気を付けてね。

  • 3月13日(1日目)
  • 3月14日(2日目)
  • 3月15日(3日目)
  • 3月16日(4日目)
  • 3月17日(5日目)
  • 3月18日(6日目)
  • 3月19日(7日目)
  • 3月20日(8日目)
  • 3月21日(9日目)
  • 3月22日(10日目)
  • 3月23日(11日目)
  • 3月24日(12日目)
  • 3月25日(13日目)
  • 3月26日(14日目)
  • 3月27日(15日目)
  • 3月28日(16日目)
  • 3月29日(17日目)
  • 4月1日(18日目)
  • 4月2日(19日目)
  • 4月3日(20日目)
  • 4月4日(21日目)
  • 4月5日(22日目)
  • 4月6日(23日目)
  • 4月7日(24日目)
  • 4月8日(25日目)
  • 4月9日(26日目)
  • 4月10日(27日目)
  • 4月11日(28日目)
  • 4月12日(29日目)
  • 4月13日(30日目)
  • 4月14日(31日目)
  • 4月15日(32日目)
  • 4月16日(33日目)
  • 4月17日(34日目)
  • 4月18日(35日目)
  • 4月19日(36日目)
  • 4月20日(37日目)
  • 4月21日(38日目)
  • 4月22日(39日目)
  • 4月23日(40日目)
  • 4月24日(41日目)
  • 4月25日(42日目)
  • 4月26日(43日目)
  • 4月27日(44日目)
  • 4月28日(45日目)
  • 4月29日(46日目)
  • 4月30日(47日目)
  • 5月1日(48日目)
  • 5月2日(49日目)
  • 5月3日(50日目)
  • 5月4日(51日目)
  • 5月5日(52日目)
  • 5月6日(53日目)
  • 5月7日(54日目)
  • 5月8日(55日目)
  • 5月9日(56日目)
  • 5月10日(57日目)
  • 5月11日(58日目)
  • 5月12日(59日目)
  • 5月13日(60日目)
  • 5月14日(61日目)
  • 5月15日(62日目)
  • 5月16日(63日目)
  • 5月17日(64日目)
  • 5月18日(65日目)
  • 5月19日(66日目)
  • 5月20日(67日目)
  • 5月21日(68日目)
  • 5月22日(69日目)
  • 5月23日(70日目)
  • 5月24日(71日目)
  • 5月25日(72日目)
  • 5月26日(73日目)
  • 5月27日(74日目)
  • 5月28日(75日目)
  • 5月29日(76日目)
  • 6月1日(77日目)
  • 6月2日(78日目)
  • 6月3日(79日目)
  • 6月4日(80日目)
  • 6月5日(81日目)
  • 6月6日(82日目)
  • 6月7日(83日目)
  • 6月8日(84日目)
  • 6月9日(85日目)
  • 6月10日(86日目)
  • 6月11日(87日目)
  • 6月12日(88日目)
  • 6月13日(89日目)
  • 6月14日(90日目)
  • 6月15日(91日目)
  • 6月16日(92日目)
  • 6月17日(93日目)
  • 6月18日(94日目)
  • 6月19日(95日目)
  • 6月20日(96日目)
  • 6月21日(97日目)
  • 6月22日(98日目)
  • 6月23日(99日目)
  • 6月24日(100日目)
  • まとめてみた感想
  • 参考史料
続きを読む

馬部隆弘『椿井文書―日本最大級の偽文書』(中公新書)の感想

 まさか馬部隆弘先生の初の新書が椿井文書になるとは驚きだった。馬部隆弘先生と言えば、畿内戦国史の新進気鋭研究者の一人で、細川氏・畠山氏・三好氏などについて先学を享けながら、それらの域に留まらない新事実・新解釈の提示が持ち味である。その一方で馬部先生の「顔」というのはそれだけではなく、偽文書・偽史研究においても第一人者である(もちろん両分野がリンクする研究もある)。近年先生は論文集を出されているが、前者についてまとめられたのが『戦国期細川権力の研究』、後者についてまとめられたのが『由緒・偽文書と地域社会―北河内を中心に』ということになる。しかし、如何せん論文集というのは高額で(両書ともに定価は5桁である)、個人が購入するというより研究者や図書館が仕入れるものという側面が強い。それだけに研究成果というものを一般人レベルにまで下し周知していくには、比較的安価な一般書を出すことが求められる。今回の『椿井文書』はまさしくそのためのものと評価できる。

戦国期細川権力の研究

戦国期細川権力の研究

由緒・偽文書と地域社会―北河内を中心に

由緒・偽文書と地域社会―北河内を中心に

  • 作者:馬部隆弘
  • 発売日: 2019/02/28
  • メディア: 単行本

 実際内容としては『由緒・偽文書と地域社会』の廉価版と言える。と言うのは、筋によっては論文の文章をほぼそのまま使っている箇所もある。また、『由緒・偽文書と地域社会』には入っていた牧・交野方面の論考は削られている。『由緒・偽文書と地域社会』から新しい知見があるというわけではなく(後述するが進展がないわけではない)、まさしく椿井文書に視点を絞って、論旨はそのままにお安く(新書なので定価は3桁の範疇に収まっている)出し直したというものである。
 そういうわけで大枠としては『由緒・偽文書と地域社会』とかなり重複している。よって、感想と言っても書き下ろしを読んだものとは読後感がちょっと違うのだが、とりあえず紹介していくことにしよう。
 そもそも椿井文書とは何なのか。一言で言えば江戸時代後期に椿井権之助政隆という人物が創作した文書・縁起類である。これだけならさして特徴的でも何でもなかろうが、問題は椿井政隆の創作が歴史学において史料として一定の評価を受けてきたということにある。なぜ、椿井文書がこのように信じられてきたのかを探ることが本書の主旨でもある。

続きを読む