志末与志著『怪獣宇宙MONSTER SPACE』

怪獣monsterのコンテンツを中心に興味の赴くままに色々と綴っていくブログです。

三好右衛門大夫政勝と三好下野守政生は同一人物か?

 三好政長(宗三)の息子・政勝と三好三人衆の一人・三好宗渭が同一人物であることは今やWikipediaにすら載っている。この事実が指摘されたのは平成22年(2010)と9年前にすぎない(『戦国期三好政権の研究』補論二「三好一族の人名比定について」)*1が、すでに巷間には知名度を確保しているとも言えるだろう。そういうわけでもはや常識とのほほんとしていたのだが、最近「本当にそうなのか?」という問い合わせを頂いた。私個人としては政勝と宗渭が同一人物であることは間違いないと思っているが、考えてみれば自分で確かめて論理を組み立てたわけではないので、良い機会であるし調べてみることにした。
 まず、わかりやすく決め手になるのが花押(署名の下に書く属人的紋章)で、天野忠幸氏の指摘もこれを根拠にしておられる。実際、注で何を見て花押を確認すればいいのかまで明記されていた。いやあ有難い話である。

大仙院文書 (史料纂集 古文書編)

大仙院文書 (史料纂集 古文書編)

 花押を収載しているのは、この『大仙院文書』である。100を超える文書を収めているが、それら一点一点の印判を巻末に掲載しているという優れもの。まずはこれで三好政勝・政生の発給文書を見て行こう。なお、『大仙院文書』刊行時点では政勝と政生が同一人物だとは気付かれていなかった。また、内容はどれも「贈り物ありがとう!」なので年次も不明である。それでは、文書名と花押を見て行こう。


 金首座より鳥目50疋を贈られたことを謝している。日付は「卯月三日」。署名は単なる「政勝」だが、上書には「三好右衛門大夫政勝」という注記があり、三好政勝のものである。
花押
f:id:hitofutamushima:20190711202110p:plain

  • 二八 三好政生書状(現状は切紙だが折紙の可能性もある)

 大仙院から樽代20疋を贈られ、「毎度御懇之儀」を感謝している。政生は「和尚様」とも親しかったようだ。日付は7月17日で署名は「三好右衛門大輔政生」。
花押
f:id:hitofutamushima:20190711202447p:plain

 如意庵から棰代に30疋を贈られ、必ず「面拝」して御礼を申し上げるとしている。日付は7月9日で署名は単なる「政生」。上書に「三好右衛門大輔政生」とあると注記している。
花押
f:id:hitofutamushima:20190711202843p:plain

 大仙院から鳥目20疋を贈られたことを謝す。近年音信を返していなかったことを詫びている。8月24日付けで署名は「政生」、上書には「三好下野守政生」とある。
花押
f:id:hitofutamushima:20190711203143p:plain

 上記のみでは上書で三好政生が下野守と名乗ることを知れるにすぎない。『大阪の街と本願寺』(毎日新聞社、1996年)には三好下野守が永禄3年(1560)に発給した禁制があるが、そこには下野守の花押が以下のように掲載されている。

www.book61.co.jp

f:id:hitofutamushima:20190711203702p:plain


 以上、三好右衛門大夫政勝と三好右衛門大輔政生、三好政生、三好下野守の花押を掲載してみた。いかがであろうか。私の目にはいずれも同じ花押に見えるのだが…。
 もうちょっとこの人物についての状況証拠を集めてみよう。
 三好右衛門大夫を名乗る政勝が三好政長(宗三)の息子であることは同時代史料において一致し、今更言うまでもないだろう。この人物は江口の戦いで主君細川晴元が没落した後、どのように行動していくのか。
 主君晴元とともに摂津を追われた(逃亡した)政勝は丹波に籠りつつゲリラ的な軍事行動を展開することになる。ただ、発給文書の年次比定は難しい。その中で特筆されるのは香西元成(越後守)との連携が多く記されることである。この点は発給文書でも確認可能である。例えば、三好政勝・政生と香西元成の連署文書は次のようなものがある。

『戦国遺文』番号 日付 差出署名 文書の概要
一四四九 7月3日 三好右衛門大夫政勝・香西越後守元成 波多野方の通りに配下の兵士が矢銭・兵糧米をかけるのを禁止する(実質的な禁制)
一四五一 9月1日 三好右衛門大輔政勝・香西越後守元成 配下の兵士の乱暴、矢銭・兵糧の賦課、放火を禁止する(実質的な禁制)
一四五二 10月19日 三好右衛門大輔政勝・香西越後守元成 樽代50疋を贈られたことを謝し、寺に賦課をかけないことを約束する
一四六〇 8月23日 政生・元成 「御書」の通りに働くことが大事であることを述べる(細川晴元の副状か)
二一一八 12月9日 政生・元成 波多野元秀に対し南方における反三好策動の連絡
五一五 永禄元年6月9日 下野守・越後守 大山崎への禁制

 また、永禄元年(1558)に比定される6月14日付細川晴元書状写(『戦三』五一八)にも「猶香越後守・三好下野守・垪和道祐可申候」とあり、香西元成と三好下野守が並列されている。
 以上のように香西元成と三好政勝・政生はセットとして扱われることが多かった。元成と組む三好一族がころころ変わるとはあまり考え難いので、元成と連署する右衛門大夫政勝・右衛門大輔政勝・政生・下野守はいずれも同一人物と考えるのが自然である(なお、三好政生は永禄元年(1558)に三好長慶方に転向するが、香西元成はその後も反長慶として活動し二人の連署体制も終焉する)。

結論:三好右衛門大夫政勝と三好下野守政生は同一人物である

 そして最後に言っておくが、この人物が「政康」などといった名前を名乗ったことは一次史料では一切確認できない*2

※追記(9月23日)
f:id:hitofutamushima:20190923191342p:plain
 『戦三』一四六〇の文書の写真を入手できたが、やはり政生の花押は三好政勝や三好下野守と同一である。

*1:なお、この論考にも触れられているが、三好下野守の実名が「政生」であることを指摘した先行研究や、三好宗渭三好政長(宗三)の息子とする系図類は少なからず存在していた

*2:ただし、付言しておくと三好政生は永禄4年~8年の間文書を発給していないので、この期間に実名「政康」を用いていた可能性は否定できない。だが、確認できない実名をわざわざ使用する必要もないだろう